芸術家がらすやのネタ帳ブログ私がらすやの製作を支えるネタや取材記録を
本家ブログ【芸術家への道】から独立いたしましてお送りいたします。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
視点の違い 序章  輪廻転生について 22:29
この話を書き出すと
なにやらさらっとは書けない内容だった…などと今更ながら気付いたりして
何度も「その2」を書こうと試みては挫折してました。

思考の中にあることを文字にするには
『とてつもなく長い連載』になってしまうんだなと
ちょっと、足踏みしておりましたら1ヶ月近くたって降りました。



「中間の世界」とは
 
この世とあの世の「中間の世界」
実際にこれがあるかどうかも
私には分かりません。
霊が見えるとか、霊と話せたりするとか
そういうタイプでもございません。
ただ、そこに意識が行くだけでございます。


さて、
まずは何から話しましょうか。


この世とあの世の「中間の世界」の話をする上で
根底にあるのは『輪廻転生』の考え方。

輪廻転生と一口に言っては見ても、
宗教や、宗派の違いや、解釈の違いがあって様々な見解がございます。
ここに書くのはあくまで私の感じた考え方なので
それらとは相違がでてきますが【私個人の私感】ということで
ご理解いただければと思います。

輪廻転生とは
「死んだ後、また生まれ変わる」と言う考え方なのですが
子供の頃から「そうなんだ」と思っておりました。

ただ、生まれ変わるとはいっても

「私」が「すっかり同じ人生で同じ私」として生まれるわけではなく
「違う人」として「違う家族の一員」として生まれ変わり
「今の私と同じ人がまた生まれてくるわけでは無い」ということ

その場合「今のことも覚えていない」ということも漠然と思っていたので

【今の人生は1回限り】と言うこと
子供ながらに何となく理解してました。






 
| 2015.3.11.に寄せて 視点の違い | comments(0) | trackbacks(0) | posted by がらすや -
スポンサーサイト 22:29
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tuchiasobi.jugem.jp/trackback/167
<< NEW | TOP | OLD>>