芸術家がらすやのネタ帳ブログ私がらすやの製作を支えるネタや取材記録を
本家ブログ【芸術家への道】から独立いたしましてお送りいたします。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
突然ダウンロードin安達太良 その翌日 21:09


突然ダウンロードin安達太良
突然ダウンロードin安達太良 その2
突然ダウンロードin安達太良 その3
↑わずか2時間くらいの間の出来事



そして、
ここからはその翌日のお話。


気になったってた事を
一気に調べまくってみたりして
…ダウンロード再開 (T_T)

個人的に思うのですが…
自分の核コアに近づくタイミングを間違うと
平静、冷静、理性を失いかねないと思います。
いや?タイミングが間違ってないから
蓋が開くのだと思いますが。

ざわざわと血が滾る感が否めない…。

おまけに、決して自分の望む方向に行くとは限らない。
だからこそ
望む方向に向かうのに不要なものには「美しい蓋」
忘れた記憶の向こう側、遥か昔に蓋をしているのだろう。
滅多なことでは開くこともないし
状況によっては蓋があることさえ気付かないのだろう。

段階を踏んだからここまで来てるのだけれど。

こういうのを
自己開発とか、自己探求とか、内観とか、ルーツに還るとか
いろんな思想や見方で言い方や表現が変わるのだろうけど
私の思うところの内観やダウンロードは
今現在の意識体力がしっかりとしてないと
もう一人の自分の意識に振れるのだろうと
毎度の事ながら思う。

現在の意識と
魂と意識と肉体とを強固に繋ぐことが出来るような
鍛錬をするんだと思う。
こういう鍛錬をしているわけでもないのに
こういう経験を重ねる私は我にかえるたび
芸術家という職業についていてよかったと
心から思う瞬間。
すべての経験を糧にできる。
いや、突然
芸術家という職業を選んだのは
自分の意識がここまで来るための必然なのかもしれない。

仕事を長い期間継続して
いろんな経験をして深く掘り下げて、
やればやるほど思うのです。

突き詰めれば突き詰めるほど
オリジナリティや技術、技巧の向上とすべてを一回り、
するだけすれば
次は自己精神の鍛錬と
自分の本質に向かってゆく道が整う気がする。
芸術や芸能の根本を究極に司るのは自己対話では?
とさえ感じる。
『心・技・体』とはよく言ったもんだと思う。

私に欠けていたのは『心』
周りからは精神的に「強いよね」と、言われる一方
『精神的に弱い』から「強いのだ」な、と。
技も、体もある一定のとこまでは鍛錬で底上がる。
その、先は「心」が伴いさらにステージが変わる。
どこまでも、それの、繰り返し。
用意された心まで、再び技と体の鍛錬を要して
どこまでも螺旋を登る。

かく言う私も、
自分のオリジナリティがどのあたりにあるのかがわかったのは
そのあたりを飛び越えた後だという、自覚がある。

今生のうちに終わらせなければ。←何かはわからん。

今回の栃木出張の時
ホテルの部屋が「519」
ちょいと訳有りでルームチェンジで「419」
駐車場をかりたら「29」
カキ氷を頼んだら「19」
目の前を走る車が「末尾9」
「9」のオンパレードだったので
9について調べたら「人に尽くすこと」だそうで…。
「先生」っていう職種がぴったりではないか…(^^ゞ
宇宙の采配は見事だ。
『だから「先生だね」って言ったじゃない〜♪』
知ってか知らずか以前そんなことを言った人の
笑い声が聞こえるわ(笑)

「人に尽くすこと」

そして…ここまで書いて夜の教室がはじまりまして

その「人に尽くすこと」が『何か』を
この直後に
まったく予想もしていなかった展開で経験することになろうとは
このときはまだ知る由も無かった…





| 精進 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by がらすや -
スポンサーサイト 21:09
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tuchiasobi.jugem.jp/trackback/164
<< NEW | TOP | OLD>>