芸術家がらすやのネタ帳ブログ私がらすやの製作を支えるネタや取材記録を
本家ブログ【芸術家への道】から独立いたしましてお送りいたします。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
明けましておめでとうございます。 10:39



南天=『難を転じる』

そう、験を担ぐいわれががございまして
お正月に飾る縁起物として千両と合わせて人気ですので
この験担ぎをご存知の方も多いでしょう。

私がお正月に南天を飾るようになったのは
嫁いだ年の年末に主人の実家に伺ったとき
「どうぞ」とお義父様が下さったことから始まりました。

しかも『紅白』ヽ(^o^)丿

南天の赤い実は知っておりましたが
白い南天は初めて見たので感動したものでした。

その時は
『赤い実だから縁起のいいもの』としか知らなかったのですが
その後ネットで調べたら

南天=『難を転じる』と言う語呂から縁起がいいと知り
それらには昔からたくさんの言い伝えがあったそうですね。


おせちのお重の飾として使われている南天の葉には
食べ物の腐敗を抑える作用があり、
食あたりを防ぐという意味を持って難を転じる

とか

その他にも

悪い夢を見たら床に南天を活けると悪夢が消え、
枕の下に南天の葉を敷くと悪い夢を見ない事から難を転じる

という言い伝えや

庭に南天を植えれば火災を避けられる、というものだったり
魔除けとして玄関に飾る、とか

昔々、厠の側に植えて、南天の葉で手を洗ったことに出来るほどの
抗菌力があったとか。

すごいパワーの植物なのですね。


当時いろんなトラブルを呼び込んでしまっていた私にはぴったり♪だと
意味を意識した上で
この南天をお正月に飾るようになりました。

すると、どうでしょう。

今は、随分と難局が少なくなって来たと感じられるではないでしょうか。
「信じるものは何とか」なのかもしれませんが
ちょっと嬉しくなっちゃいますよね♪

その後

少しづつですが、本来やりたかったことに近づけている気がします。

2012末には「我が家のおせち」を作ることを始めました。
2013年末は「年末のお買い物を、ゆりあげ朝市で」という希望が叶い
2014年末も行って参りましたヽ(^o^)丿

いつかお正月には着物を着たいと思ってましたが
2014年末は、ついに着ましたよ〜!(^^)!




とはいえ、着物を着ながら

『我が家には姿見が無い\(゜ロ\)(/ロ゜)/』

と思い出し
初挑戦の着付けに、鏡が無い!という事態に。
無謀にも程がありました(>_<)

でも、まぁ、このくらい着れたし、
首とか肩とか「つったりしなかった」から良しとして
来年末まで、姿見鏡をなんとかしましょう(笑)

とはいえ、私にとっては着付けは、まだ珍しいことなので
自撮り機能の無い携帯で、頑張って自撮り挑戦。


そしてこの年末はさらに、もうひとつ。

「いつかプラスチックじゃないお供え餅を」と思っておりましたが
手作りのお餅を見つけてしまいましたヽ(^o^)丿



今年は家にあるものでお飾を、と思って
お餅の装飾はシンプルに何も飾らないつもりでおりましたが

お飾にはいろいろいわれがあるようで
調べたりしましたら興味深い事が一杯出ていました。

ささやかで十分ですのご飯を食べるのに困りませんように
健康を司る食がまた一年保てますようにヽ(^o^)丿

ささやかですが私の一番大切な願いです。



余談ですが

お飾について、いろいろ調べたところ、
夢にまで出てきまして「赤は必ず」ということでしたので
今年も頂いてまいりました紅白南天で飾りました。
市販のプラスチックのお餅には
そういえば「赤」が一杯使われてましたわ、などど思い出してみたりして。




さてさて、明けました2015年。

皆様がもしも難を抱えていらっしゃいましたら
その難が少しでも軽くなりますように、
そして難が転じて、心が平穏に保てますように、
その実がたわわに生る様に
たくさんの幸せの実があなたに実り、収穫できますように。

心よりそんなことをお祈り申し上げ
この2015年は
より一層、素敵でキラキラした豊かな一年となりますように。



本年もどうどごひいきに。


















| 神社・仏閣巡り | comments(0) | trackbacks(0) | posted by がらすや -
スポンサーサイト 10:39
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tuchiasobi.jugem.jp/trackback/145
<< NEW | TOP | OLD>>