芸術家がらすやのネタ帳ブログ私がらすやの製作を支えるネタや取材記録を
本家ブログ【芸術家への道】から独立いたしましてお送りいたします。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
金蛇神社に行く事になった訳。 03:40
DVC00347.jpg

先日
ようやっとずっと行きたかった
金蛇神社に行って来ました。

その日の午前中の教室でも
巳年のへびさんを作っている
生徒さんもおりました。

そして
それとは別件で蛇の話題が
上がったりしてました。

で、まぁ…

そのまま聞き流して
夜の教室の迄の空き時間
用足しに車を走らせて出かけた帰り道
お天気もよく
気分良く車を走らせてたのですが

『金蛇神社!!』

急に思いたち
車を止めてUターン…

Uターンしてから
時計を確認して
夜の教室と滞在時間の算段を取る。

工房に戻れば
仕事は山のようにあるのです。

今月は
体力が続かない最近が恨めしいほど
マジで時間が惜しい…
なのに、
ここで出かける自分も恨めしい(笑)

以前なら
Uターンしてから思い返して
再びUターンして
工房に戻るところなのですが
今年の私は違うのです。

このUターンには『何か意味がある』

UターンをUターンして
戻ってしまいたい気持ちを
ぐっとこらえてアクセルを踏む。


ちょっと違う感じ…
そして
神社に入る前の頭痛。

頭痛は久しぶりだ…
いつもより痛い、か…?。

神社、お寺は
好きだったりするのだけれど
子供の頃は
頭が痛くなるので苦手でした…。

今は場所を選んで
あちこち
本能の赴くままに行くようになりました。

自然系の神社は私にとって
比較的相性はいいのですね。

だからいつも
こんな感じの思い付きの参拝を
『呼ばれる』と解釈してました。


今回は
入る前の頭痛は有ったものの
鳥居をくぐると
不思議と頭痛は引き
気持ちのよい空間に変わる。

さすが、神社。


金蛇神社と言うと
商売繁盛とか金運とかが
有名な神社みたいですが
何だか私にとっては
『金運ア〜ップ!』って言う事を祈願するために
こんな感じでここに来るのは
ちょっと違う気がしてましたが
この写真のしおりには
金蛇神社の由来が書いてありました。


それによると

勅命を賜った京の刀匠が
名水を求めて探し歩いたところ
この地までたどり着いたとのこと
水神宮のほとりを流れる
清らかさに心を打たれ
神恩を請い宝刀を鍛え上げた。

そのご加護に感謝して
雌雄一対の金蛇を斎鍛して奉納し
京に戻ったといい、それ以降
この金蛇をご神体として崇め
今日に至るそう。


あちゃ〜…

これが私がここに来た理由。

あぁ…要は『働け』と。
私の本業は『作ること』だと…。

そんなわかりきった事でも
実際は
飛んだり跳ねたりで
製作にはなかなか時間を裂けない
現実の私がいます。

そこに見事に喝を入れられた…。

まぁ…働けば、作れば、結果
金運アップに繋がるか…。

でもちょっと、
そこ(金運アップ)では
ない感じなところが怖い(笑)

公の時間軸の加速のスイッチが入った。
それがわかる。

わかるけど…
苦笑いせずにはいられない。

更に加速かぁ〜……………
こりゃ本気で作ることになるのか。

いや、それは望んでいることなので
願ったり叶ったりなのだけれど。


このしおりは
参拝後に手にしたので

参拝中は
全く普通の頭で参拝してたのだけれど

手を合わせると
驚くほど簡単に瞑想状態へ入った。

思わず驚いて
一瞬目を開けて仕切直したほどだ。

ここまでの状態になるまでに
通常の瞑想だと30〜40分かかる。

なのに一瞬にして
ザーッっと
エネルギーが流れ込み
エネルギーの渦が出来上がる。

それもまぁ
なるがままにしておいたのだが
なんとも…。


ところで、富松の姓は
遡ると先祖は京だと聞いたことがある。

私自身は京には
行ったことはないのだけれど
縁があるらしい。

ここでも『京』が出て来た。

実家の母の味は
意外と京風だったりした。
母は実際、
京とは関係ないけど…(笑)


まぁ、そんなこんなの今回の参拝。

神社に行くと必ず
敷地内の自販機で何かを飲んで来る。

今回は缶コーヒーを買って
ボケーッと滞在。


帰り際、
鳥居を出るときに
左肩甲骨への刺さるような一瞬の痛み…

そこから痛みは
体の中を喉元に向かって
這うように移動して
喉を突っつき
そこから
左肩から左手先に向かって移動してゆく。

その頃には
肩甲骨の辺りの痛みは全くなく
あるのは左腕の圧迫感。
締め付けられるような気配…。

そして冷たくなってゆく私の
左肩から左腕…………。

あ〜ぁ…


まぁ、場所が神社で
不快では無かったので
されるがままにしてみたら

私の体はあくまで
『移動手段』だということで
納得したので
私自身や工房には問題無いないかと判断し
そのまま工房へ連れて帰る事にした。

一応、鏡で自分の顔もチェックして
変化の無いのを確認して
まぁ、抜かずに連れて帰っても
大丈夫と言うことで。

素人判断で非常に申し訳ないが
もう一人の私と相談してだした結果
そうなった。

最近はもう一人の自分に忠実だ。

途中、本当は
友達の家に寄りたかったとか
コンビニでトイレに寄りたかったとか
そういうのは
一切やめたほうが良さそうだったので
工房へ直行した。


そして
その日の夜には私の腕は
元に戻ったのだけれど、その日一日
働いた、働かされた…(笑)


そして

さらにそこから2日で
今まで動きの無かった私の仕事に
次々仕事が入って来た…。

こりゃ、本気だ。



ここは
今までは偶然だと
そういうことにしていたけれど
今回は違う。

そりゃそうか、私も
ちゃんと参拝して祈願している。

今年は
本気らしい。

頑張るだけでは
済まされないかもしれない。


こんな
もう一人の自分との会話に
ようやくな慣れて
展開の早さにも慣れたようで
そんな自分も
可愛く思えてきた。


心新たな新年度には
今までには無い展開で
お目付け役が加わったようです。

思い付きで?行った神社では

こんな形で
急展開を迎えることもあるのですね。

素直になると
展開はいつも突然で急展開で
結果が早いようです。


さて…

今から寝たら
朝は起きれるのでしょうか?


頑張れ、今年の私!!


ところで私…
一体何を連れて帰ってきたのだろう…???
 
| 神社・仏閣巡り | comments(2) | trackbacks(0) | posted by がらすや -
スポンサーサイト 03:40
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








おはようございます。

匠の関わる社からついてきたきたとなれば。。。

この先、息継ぐ間もなかってりして。。。 (`・ω・´)ゞ

時間が出来たら金蛇さんの近くに貴船神社もありますので一緒に参拝してみてください。
上善如水ですね。流れには逆らえません。
posted by もんや | 2014/06/19 3:39 PM |
もんやさま
早速行ってきましたよ、貴船神社さん。
近日ブログでご紹介してみようかと思います。
ご紹介ありがとうございました。
posted by がらすや | 2014/06/19 3:39 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tuchiasobi.jugem.jp/trackback/124
<< NEW | TOP | OLD>>