芸術家がらすやのネタ帳ブログ私がらすやの製作を支えるネタや取材記録を
本家ブログ【芸術家への道】から独立いたしましてお送りいたします。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
夏のなごり 20:45


今年はなんだか
バタバタと
気付けばもう冬に向かう。

ブログの更新もさっぱりで
ご無沙汰してました。

トマトもごめんね、
ちゃんとお世話してあげれなかったね。

夏の終わりに実を付けた分
ちょきんと切って
只今、花瓶にさして
部屋の中の暖かいところで
陽に当てて。

外はもう寒いけど
室内に置いて暖かくしてたら
赤くならないかな?














| 育てる | comments(0) | trackbacks(0) | posted by がらすや -
ほったらかしごめんなさい。 16:51



植物と言えば
ステンドでは
テラリウムが作れるんですが

そういうお話しを

と思っていたけど

このブログ
随分ほったらかし〜…
| 育てる | comments(0) | trackbacks(0) | posted by がらすや -
今年のトマトは… 18:36
 

今年のトマトは
なんだか難しいわ…

去年は何も問題なく
育ったのに…

「育てた」ではないところが
ポイントですが…(笑)


今年は
お尻が腐ってしまいます((+_+))


トマト友達に相談したところ
考えられるのは

「カルシウム不足」
「チッソ過多」
「水不足」

の三点だそうで、

私のプランターは
お野菜用の土が
腐葉土と混ざって入ってるし
追肥もうったので

考えられるのは「水不足!!」

この酷暑の天気でしたから
夜にお水をあげてるのですが
朝には乾いているから

当然と言っては
当然の結果なのですが
トマトは
お水をギリギリまで断つと
甘いトマトが出来るっていうから
うん、丁度いいねなんて
思っていたら
こんなことになるなんて((+_+))


1個目の尻ぐされを発見してから
早急に水やりを
朝晩の2回にして様子を見てたら
2個目も尻ぐされ…(T_T)

そして
腐っていない実は
割れてきました…((+_+))

切ないわ…



尻ぐされの対策を
水で改善されないようなので
カルシウムを補ってみようかしら。

チッソ過多は
過多により
カルシウムが消費され
結局カルシウム不足が
問題になるらしいので

結局は
カルシウム不足ならしいです。


あ…
そして、この状況は
病気が原因ではなく
土の中の成分や
水分量の問題なので
株には問題ない事が多いのだそうです。


今年は株が多いし
お天気もいいから
豊作の
しかも断水による
甘〜いトマトの豊作を
楽しみにしてたのに

なんで去年は
大した手も掛けず
「育った」のかしら?

ビギナーズラックだったのかしら?
二年目の洗礼を浴びてました(笑)












| 育てる | comments(0) | trackbacks(0) | posted by がらすや -
トマト・初花発見♪ 20:17


今年のトマトの
一番最初の花♪

楽しみ♪ 
| 育てる | comments(0) | trackbacks(0) | posted by がらすや -
ひょうたん 19:54



ひょうたんの苗を2ついただいて
植えてみたところ

花が咲きました。
やっと見れました。





今までも咲いた形跡はあったのだけれど
朝、工房に行くと
もうすっかり
茶色にしぼんでいて
いつ咲いたのか分からないでおりました。








そしたら

夜に咲いていました。

真っ白い花。
写真は黄色いけど…



ひょうたんって
夜に咲くんだったかしら?


でもって、
すでに実らしきものが
小さいけどありました。



 
| 育てる | comments(0) | trackbacks(0) | posted by がらすや -
「おっきいししとう」は「ピーマン」でした。 12:05
以前は
「大きいししとう」みたいだった姿が




ここしばらくの晴天で
めきめきピーマンらしくなった
ピーマン。





よかった〜♪
ピーマンで(笑)
| 育てる | comments(0) | trackbacks(0) | posted by がらすや -
ちなみに、去年のトマト 19:47
去年の苗



上から見ると



なったトマト



赤く色づいたところは
写真が残ってなかった…


で、

去年
このトマトを植えるのに使ってた鉢には
今年
ピーマンと



ししとうが



植えられています。




育つ背丈を考えると
この鉢は
ピーマン、ししとうのクラスの
お野菜が向いてるかも。

そのくらい
今年用意したトマトの鉢が
調子いいです〜♪♪


20100718123223.jpg






 
| 育てる | comments(0) | trackbacks(0) | posted by がらすや -
「ししとう」と「ピーマン」 20:34



「ししとう」がなりました。

 

まだ、お花が咲いてるのもあるので
これからも楽しみです♪



で、ピーマンも花が咲いて





実がなりました。





??


「おっきいししとう」?


ピーマンって
もうちょっと肩がありませんかね?

買った時
ししとう と ピーマンって
2株苗を買ったんですけど…

???

なぜ?

とりあえず、追肥をしてみました。

かじってみれば
分かるんだろうけど
もうちょっと、様子を見てみようと思います。


| 育てる | comments(0) | trackbacks(0) | posted by がらすや -
デンドロビュームの「高芽」の手入れと株分け。 10:11


本当は
このままの鉢でもう一年
育てるつもりでおりましたが



「高芽」が出来てしまったので
合わせて

「高芽」と「株分け」を
同時にしました。



「高芽」は切れ味のいい
刃物で
幹から根ごと切り離し

まずは、
高芽と株本体に分けました。


で、

本体を
水をはったボウルに浸し
うるかしてから
株の根をほぐします。


ちなみに
ご存知の事とは思いますが
デンドロビュームなど
ラン科の植物は
全てミズゴケとなってるケースが多く

この鉢もミズゴケで植えられており
まず、
古くなったミズゴケを取り除くべく
お水に浸してうるかして

手でやさしく
絡まった根をほどくようにして
古いミズゴケを外していきます。

この時点で
根を洗ってほぐしながら二つに分け
株分けとなります。


この辺の写真が
一切なくて申し訳ありません。

私も作業に必死でございました。


でもって、

新しいミズゴケは
買ったばかりの袋から出した物は
乾燥してますので
こちらも事前に水に浸しておき、
充分に水を含んだものを使います。




でもって

先程きれいして
二つに分けた本体と
本体から切り離した高芽を
水を含ませたミズゴケを使って
くるくるっと巻いて
鉢に整え入れまして完成でございます。




ミニプランターがあったので
二つに分けた株を
仲良く並べて植えました。


手前の小さな鉢が
もともと植わっていた鉢で

植えられているのは
今回の高芽たちです。




と、まぁ私の作業の
一連を書き記しましたが
私も何分素人で…
おまけに
蘭系の植物の植え替え初挑戦♪



植え替えたので
多分今年は
花は咲かせないでしょう。


さて、どうなる事やら。









 
| 育てる | comments(0) | trackbacks(0) | posted by がらすや -
デンドロビュームの「高芽」の訳 09:52


以前、頂いたデンドロビューム。

白い(薄黄色)の花を持つ株と
ピンクの花を持つ株と
2鉢あったのですが…

管理の不手際につき
ひと株、ダメにしてしまったのでした。



今となっては
どっちの花をもった株かすら
分からなくなってしまっております。

ごめんなさい。


さて、
そんなデンドロビューム。

残ったひと鉢を
枯らしてはいけないと
必死の水やりを経て復活して
元気になりました♪


ところが…

怪しげな芽と根、発見…




なんとくなく
管理を間違った予感…



で、

胡蝶蘭の花を咲かせてしまうほど
蘭を育てるのが上手な父に相談。


と、

これは
「高芽」といって

9月〜11月は鉢の表面が乾いたら
お水をあげ
12月は翌シーズンの花の事を考え
断水するそうです。


断水…




ええ。
たっぷりと水をあげてましたよぉ。
枯らしてはいけないと思って

冬に…。

「高芽」 覚えておきましょう。

さて、

そんなこんなで

高めの処理と
株分けを
同時にしてしまうことにしました。
| 育てる | comments(0) | trackbacks(0) | posted by がらすや -
| 1/3 | >>